オンライン
相談・予約
フォーム

TOPへ戻る

ガミースマイルセットバック手術

ガミースマイルセットバック手術

ガミースマイルセットバック手術とは

ガミースマイルセットバック手術とは全身麻酔で左右4番目の歯を抜歯して上顎歯槽骨を後方移動させる手術です。
1回の手術でガミースマイルが改善します、骨格に原因のある重度のガミースマイルの方に適応しています。

骨ごと後方移動をおこなうことにより、歯列矯正では難しかった、口腔容積の縮小と、歯の歯体移動が可能です。
もちろん、ガミースマイル矯正との併用も可能です。

ガミースマイル矯正と併用する場合のメリットは多く、矯正治療自体の治療期間の短縮や、側貌プロファイルの改善、
口唇形態の改善による上口唇、下口唇のめくりあがり改善ができます。
1回の手術でガミースマイルも輪郭も同時改善が可能な優れた方法です。

お勧めの方

・笑った時に少し見える歯茎を治したい方
・傷の目立たない方法でガミースマイルを治したい方
・ガミースマイルも出っ歯も同時に尚したい方
・重度のガミースマイルを治したい方
・歯列矯正を必要としない方法でガミースマイルを治したい方

ガミースマイルセットバック手術を適応する患者様の例

・上顎骨、上顎歯槽骨、歯、自体が出ている
・いわゆる出っ歯の状態
・口元が全体的に出ている(ゴボ口)
・口腔容積が大きい(口が大きい)
・鼻から下の骨格が出ている(歯の角度、生え方、歯槽骨、上顎骨の問題)
・上下の唇と閉じる際に力を入れないと閉じられない(ゴボ口、歯または歯槽骨の問題)
・上下の唇と閉じる際に力を入れないと閉じられない(ゴボ口、歯または歯槽骨の問題)

 

カンファークリニックのガミースマイルセットバック手術

「顔の骨の中でのあごの位置」を整え自然なシルエットを実現

基本的な治療方法は上の顎を削って骨ごと上に持ち上げたり、傾けたりすることでガミースマイルを改善する方法です。
ガミースマイルはくちびる、歯ぐき、くちびるの裏側の粘膜、口周りの筋肉、歯を支える骨のどこかに問題点がある場合に「歯ぐきが見えすぎる」という症状となって現れます。

カンファークリニックのガミースマイルセットバック手術はこの歯槽骨と上顎骨を大きなポイントにして、診断し歯ぐきが自然に見えなくなるような解剖形態に整える手術を行っています。

骨を削って後ろに下げる手術ではなく、いかにして歯茎が見えないような状態にするかを多角的に診断し、シングルスプリント法やダブルスプリント法を併用して「顔の骨の中でのあごの位置」をバランスよく整えることで、自然なシルエットを実現しています。

上の歯、上の顎の骨、横顔のシルエットを整える場合には最適な治療方法です。

上顎歯槽骨前方分節骨切り後退手術(ガミースマイルセットバック手術)

上顎骨の発達が過剰であるガミースマイルなどに適応します。

顔面骨、頭蓋骨に対して上顎骨や上顎歯槽骨が前方や側方に過剰に発達している、または上顎、下顎の骨が過形成である為、口腔容積が大きいことが原因となり、結果として唇が前方に突き出ており、唇の力を緩めるだけで歯ぐきが露出してしまう状態です。

カンファークリニックでは、とくに、「口腔容積」に着目した治療をおこなっています。
上顎骨が前方に位置するだけでなく、口の中の容積を診断し、ガミースマイルの原因になっていないかを診断しています。
口腔容積の大きさは、顎骨ガミースマイルの原因としては重要です。
ガミースマイルの原因が顎骨の場合は、上顎骨、上顎歯槽骨、歯を同時に引っ込め、口腔容積を縮小させるための骨切り手術を適応しています。

上顎歯槽骨前方分節骨切り後退手術のPOINT

上顎歯槽骨前方分節骨切り後退手術は、上顎の骨格自体の突出や、歯茎が上下方向の長さの改善のために、歯茎部分の骨を骨切りして短くする手術です。

上顎歯槽骨前方分節骨切り後退手術 は、上顎骨をあらゆる方向に移動することが可能です。
上顎骨の位置や角度、長さ、大きさがガミースマイルの原因となっている場合には、上顎骨を水平に骨切りし、上の歯全体を、斜め後ろ上方に引き上げて歯茎が見ないようにします。

大切なことは術後のかみ合わせをしっかりと考えることです。

 

上顎歯槽骨前方分節骨切り後退手術の特徴

施術時間 約180分
治療期間 1日の手術で、日帰りでお帰りいただけます。
麻酔 全身麻酔
腫れ具合 ★★★★☆
ダウンタイム 1~2週間
口腔内抜糸 14日目
抜糸 10~14日目。
吸収糸を使用しておりますが、基本的に抜糸をおこなっております。

 

ガミースマイルセットバック手術の流れ

カンファークリニック「ガミースマイルセットバック手術」の流れ

1. カウンセリング

コンピューターのシミュレーションとレントゲン、CT検査で術後のイメージを相談します。

2. 手術

手術は全身麻酔下での手術ですから、まったくわからないうちに終わります。
1時間程度の手術時間です。日帰りの手術です。口の中からの切開で行える手術ですから、傷痕は全くわかりません

顔のバランス、かみ合わせ、完璧なフェイスラインを目指すことが出来ます。

3. 抜糸

1~2週間後に抜糸をしたら、終了です。

ガミースマイルセットバック手術の痛みや腫れについて

手術は1時間ほどで終わります。

手術時間が短いこと、執刀医の的確な手術技術、適正な全身麻酔管理により、手術後の痛みはほとんどありません。
手術中に専用の痛み止めの点滴をおこなうため、「痛くて我慢できない」という状態にはなりません。
手術後も痛み止めを飲んで頂ければ、コントロール可能な程度の痛みです。

手術後の患者様には、「親知らずの抜歯の方がよっぽど痛い」とコメントを頂けるほど、痛みの管理はしっかりとおこなっています。 腫れ止め専用の弾性圧迫テープを手術後に24時間貼って頂きます。
この専用のテープは、腫れや内出血防止に抜群の効果を発揮します。

 

ガミースマイルセットバック手術の料金

料金(税抜)
ガミースマイルセットバック手術  1,500,000円

カンファークリニックのガミースマイル治療