オンライン
相談・予約
フォーム

TOPへ戻る

痛くない・早い・選べる矯正歯科治療

当院のニューヨークスタイル矯正歯科治療は矯正装置を選ぶことが出来ます。

1. ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は、ブラケットという歯の一つひとつに接着させた小さな装置に通されたワイヤーと歯列を連結させて、歯並びを整えていく装置です。
ほとんどの症例に対応できますので、多くの矯正歯科医院で使用されています。 従来のマルチブラケット装置では、ブラケットを取りつけたバンドをすべての歯にかける全帯環装置を使用していましたが、現在では、歯科用接着技術の発達により、歯の表面に直接ブラケットを接着させるダイレクトボンディング法が主流で、歯の移動のコントロールがしやすくなりました。

スタンダードメタルブラケット
昔から、矯正歯科治療の定番として、最も浸透している金属製の矯正装置です。多くの矯正治療に使用されるために、費用が安く、オプション装置が充実している点がメリットです。欠点としては、見た目がいかにも矯正歯科治療中ですと言わんばかりのあまりよくないという短所があります。しかしながら、欧米では矯正歯科治療自体がステイタス治療として位置づけられているため、多くの患者様がメタルブラケットを選択されます。
目立たない審美ブラケット
出来るだけ装置自体は目立たない方が良いと、治療期間中の見た目を重視される成人の患者様にご選択いただくことが多い矯正装置です。セラミックや樹脂製の装置で、歯の色に近いため、目立ちにくいという長所があります。メタルブラケットよりも高価ですが、金属製装置に比べて目立たないために、人気の装置です。
まったく見えないリンガルブラケット
他人からまったく見えないように、歯の裏側に矯正装置を取り付けるための矯正装置です。ワイヤーも矯正装置も歯の裏側に取り付けます。見た目はすっきりしていますが、舌感が悪く、発音がしにくい点がデメリットです。


⇒ ワイヤー矯正について詳しく読む

2. マウスピース矯正

ワイヤーを使わない矯正方法の1つです。取り外しが可能な使い捨てタイプのマウスピースを使用します。最新式の矯正歯科治療と言えます。

マウスピース矯正とは、透明なマウスピースを口の中に装着して歯並びを治療する方法です。
治療に必要な通院は治療終了までに3回~4回です。

治療するマウスピースにはいくつかのシステムが存在します。カンファークリニックでは「インビザライン」「アソアライナー」カンファークリニック独自の「ニューヨークスタイル」というシステムを導入しています。

表側矯正や裏側(舌側)矯正と異なり、装置自体を口の中に装着しないで取り外し式のマウスピースを使用するので、目立ちにくいのが特徴的です。マウスピースのシステムによっては一定期間、表側・裏側矯正を併用することもあります。
取り外し可能ですので、第一に衛生的です。矯正期間中でも食べたい物がなんでも食べられ、装置と歯の間に食べた物が挟まってしまうことはなく、食後の歯磨きやマウスピースの洗浄も簡単に行うことができます。マウスピースを装着する時間が短くなると、治療期間が長くなってしまいます。

たくさんのメリットをご紹介します。

透明だから目立たない

マウスピースはつけていても、他人はわかりません。

いつでも装着いつでもはずせる。

食事の時、人に合う時、デートの時、いつでも好きな時にはずして、いつからでも治療が開始できます。

いつも新しいマウスピースだから衛生的

受診して頂き、経過観察をするたびに新しいマウスピースをお渡しします。いつもきれいなマウスピースでこっそりきれいになります。

痛くない、食べ物がつまらない、金属アレルギーの心配がない、付けていても話しやすいから接客業でも安心。

⇒ マウスピース矯正について詳しく読む

3. インプラント矯正

歯の角度や骨格の大きさ、アゴのゆがみ、歯並びのでこぼこの程度など、患者様の状態に応じて、オプション治療としてご提案をさせて頂く治療の1つです。
治療期間の短縮や噛み合わせ、アゴのひずみ、出っ歯、受け口など、骨格的な治療成果を導くことが可能です。

4. 外科的矯正治療

アゴの骨の手術を併用して、噛みあわせと見た目を改善する方法です。顎が長い、引っ込んでいる、骨格的な出っ歯や受け口を改善する治療です。当院ではセットバック手術を積極的におこなっております。


⇒ セットバック手術について詳しく読む

5. インビザライン

当院では、マウスピース矯正にインビザラインを導入しております。ワイヤーを使用しないため、付けているのがほとんど分かりません。また、普通に食事や会話ができ、喋りやすく、痛みがほとんどありません。通院回数も少なくてすみます。
この度、従来のインビザライン・システムの治療上のメリットはそのままに、10代の患者様を対象とする新しい治療プログラム「インビザライン・ティーン」が開発されました。従来のインビザラインでは適用外であった10代前半の方も、乳歯が全て抜けていれば永久歯が崩出途中の時期にもご使用いただけるようになりました。

※インビザラインの完成物は医療機器対象外であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。


⇒ インビザラインについて詳しく読む

6. 見えない矯正治療:リンガルブラケット(舌側/裏側矯正/インコグニト)

完全オーダーメードの舌側矯正装置を作成しています。

・従来の裏側矯正装置より、完全オーダーメイドのため装置が小さくなり、違和感が少ない装置です。
・使用するワイヤーもオーダーメードのため一般的な舌側矯正よりも短期間で治療できます。
・装置は高純度の金合金製です。精度や強度も十分で、金属アレルギーが心配な方も安心です。
・歯の曲面にぴったり沿った薄型の装置です。生体親和性に優れた治療材料です。
・スタンダード矯正方法に比べて費用が高額になります。
・ハーフリンガル:上の歯は見えない矯正、下の歯は目立たない矯正に対応しています。


⇒ 見えない矯正治療について詳しく読む

7. 部分矯正

気になる部分だけのプチ矯正

歯並びの一部分だけ気になる、費用や期間を抑えたいなど、さまざまなご希望に対応しています。
前歯の1本や2本、ちょっとした前歯のデコボコ、上の前歯と下の前歯の見える所だけなどご希望に応じたアレンジを行っています。


⇒ 部分矯正について詳しく読む

8. セラミック矯正

わずか3回の通院で治療が終了する驚きの矯正治療法

カンファークリニックが長年の経験と技術力で審美歯科、矯正歯科治療をけん引してきた当院独自の治療方法です。

美しいセラミックの人工歯をかぶせることで、完全無痛、通院わずか3回(約1ヶ月)で見違えるようなキレイな歯並びを生み出します。2年ほどかかる一般の矯正歯科治療の、痛み・治療期間が気になる方に最適です。

⇒ ハリウッドスマイル セラミック矯正について詳しく読む

矯正治療の基礎知識

ここで、そもそも矯正治療とはどのようなものなのか、その必要性や歴史、手法まで含めて少し説明したいと思います。気になる内容をクリックして、目を通してみてください。

矯正治療後は保定装置を使用しなかった場合、後戻りが生じる可能性高くなります。審美歯科治療は、破折、色調の再現に限界があります。