オンライン
相談・予約
フォーム

TOPへ戻る

ガミースマイル、上顎骨形成術

ガミースマイルとは笑ったときに上顎の歯肉が露出する状態をいいます。
治療は重症の方にはLe Fort I型骨切り術、軽症の方には粘膜切除法または上唇挙筋短縮法をおこないます。

上顎骨形成術

笑った時に歯茎が見えてしまう状態を改善するために用いる手術方法です。
歯茎の露出が軽度、または、歯ぐきの「粘膜」や、歯ぐきを露出させてしまう「筋肉」が原因の場合は、
歯茎の上方の目立たない部分の粘膜のみ切除して、歯ぐきを見えにくくします。

歯茎の部分の「骨」(上顎骨)が突出し、前への突出だけではなく、
上下方向にも長い場合は、Le Fort Ⅰ型骨切りを行います。
上顎骨を水平に骨切りし、上の歯全体を後斜め上方に引き上げる手術です。

お勧めの方

・笑った時に少し見える歯茎を治したい方
・傷の目立たない方法でガミースマイルを治したい方
・ガミースマイルも出っ歯も同時に尚したい方
・重度のガミースマイルを治したい方
・歯列矯正を必要としない方法でガミースマイルを治したい方

上顎骨形成術のPOINT

笑った時に歯茎が見える状態(ガミースマイル)が軽度の場合は、粘膜切除法、上唇挙筋短縮法を行います。
歯茎の上方の目立たない部分の粘膜のみを切除して見えにくくする方法です。

歯肉が短縮されることで、歯ぐきが見えなくなります。笑った時に上顎の歯肉が露出する状態が重症の場合には、
「Le Fort I型骨切り術」を行います。
「Le Fort I型骨切り術」は、上顎の骨格自体の突出や、歯茎が上下方向の長さの改善のために、
歯茎部分の骨を骨切りして短くする手術です。

「Le Fort I 型骨切り術」は、上顎骨をあらゆる方向に移動することが可能です。
上顎骨の位置や角度、長さ、大きさがガミースマイルの原因となっている場合には、
上顎骨を水平に骨切りし、上の歯全体を、斜め後ろ上方に引き上げて歯茎が見ないようにします。
大切なことは術後のかみ合わせをしっかりと考えることです。

 

上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)の特徴

施術時間 約180分
治療期間 1日の手術で、日帰りでお帰りいただけます。
麻酔 全身麻酔
腫れ具合 ★★★★☆
ダウンタイム 1~2週間
口腔内抜糸 14日目
抜糸 10~14日目。
吸収糸を使用しておりますが、基本的に抜糸をおこなっております。

 

料金(税抜)

上顎骨形成術 1,500,000円

 

患者様のニーズに合わせた、カンファークリニックからの提案

 

カンファークリニックの美容歯科診療